むくみや足の疲れを解消するふくらはぎと足首のストレッチ

ふくらはぎと足首のストレッチ

ふくらはぎを柔らかくするストレッチ

疲れてむくんでパンパンに硬くなるふくらはぎ。ふくらはぎにはヒラメ筋とひ腹筋の2つの筋肉があり、大きな筋であるアキレス腱が通っています。

ふくらはぎは「第二の心臓」ともよばれます。ふくらはぎの筋肉が血液をポンプのように押し出すことで、下半身の血液循環を促しているからです。ふくらはぎのむくみや冷えは、そのまま下半身の冷えになり、全身へと影響します。

ふくらはぎをしっかりとストレッチし、スッキリした脚と冷え・むくみを改善しましょう!

立って行うふくらはぎのストレッチ
  1. 脚を前後に大きく開き、前の足に体重をかける。
  2. ある程度伸ばしたら、後ろ足の膝を少し曲げる。

1は腹筋を、2ではヒラメ筋をストレッチします。大きなひ腹筋を伸ばした後、後ろ足の膝を曲げることで力の加減を変え、ヒラメ筋を伸ばす効果があります。

ふくらはぎがパンパンに張っている時は、仰向けになって脚を上げ、ふくらはぎを反対の足の甲でトントンと叩くのも効果的です。力を抜いて軽く叩くだけで、ふくらはぎの筋肉がほぐれ、脚がリラックスします。

足首を柔らかくしてむくみ解消!

足首は冷えやむくみが起こりやすい場所です。足首がむくんでいると、見た目もスッキリしないばかりか、ふくらはぎに負担がかかる「ししゃも足」に。足首のストレッチで、スッキリさせましょう!

足首のストレッチ
  1. 足首をゆっくりと前後・左右に倒して伸ばす。
  2. 座った上体で膝を曲げ、手と足を組み合わせる(足指と握手する)
  3. そのままゆっくりとぐるぐる回す。反対向きにも回す。

自由に動くようで、意外と硬い足首。足先は心臓から最も遠い場所でもあり、刺激を受けると効果が実感しやすい場所です。ストレッチさせることで緊張がほぐれ、体が温まります。ちょっとしたスキマ時間や、お風呂の中で温まりながら、足首のストレッチをしてみてくださいね。

関連ページ

肩こり解消に上半身のストレッチ
腕、脇、肩甲骨に加え、目の疲れに効くストレッチまで、具体的なやり方を紹介しています。
骨盤と股関節
骨盤や股関節を柔軟にすると、よりスムーズに動けるようになるだけでなく、生理痛や便秘などの症状緩和にも役立ちます。
筋肉太りを解消する
バランスの悪い筋肉の付け方をしてしまうと、筋肉太りの原因になってしまいます。呼吸しながらゆっくりストレッチして解消する方法を紹介。
リラックスできる朝晩のストレッチ
身体の力を抜き緊張を解したいときなどにもストレッチは効果的。夜寝る前に行うと、ぐっすり眠ることができますし、朝の目覚めとともに行うと、スッキリ爽快な気分で1日を過ごせます。