重要な骨盤・股関節のストレッチ

骨盤と股関節のストレッチ

まずは太もものストレッチ

股関節は太ももの筋肉によって大きく動きます。まずは太ももを柔軟にし、股関節の動ける範囲(可動域)を少しずつ広げていきましょう。

内ももを伸ばすストレッチ
  1. 床に座り、膝を曲げて両足の裏を合わせる。
  2. 膝を床に押し付けるように押し、30秒キープ。
太ももの前面を伸ばすストレッチ
  1. 正座の姿勢から脚を外側にずらす(トンビ座りの姿勢)。
  2. ゆっくりとお尻を床につけ、30秒キープ。

普段、股関節を意識することはなかなか難しいので、最初は感覚がつかみにくいかもしれません。やりなれないうちは痛みを伴う場合もあるので、やり過ぎに注意し、力の強さを調節して、ジワジワと続けて行きましょう。股関節のストレッチは、コアマッスルの活動にも効果があります。

背中とお腹を伸ばすストレッチ

股関節と一緒に、骨盤を覆っているのが腹筋と背筋です。コアマッスルの多い、腹筋と背筋のバランスを整えることで、しっかり骨盤を支えることが出来ます。猫背や腰そりなどの姿勢の改善にも効果的です。

背中とお腹を伸ばすストレッチ
  1. 頭の後ろで軽く腕を組み、息を吸いながらゆっくり後ろに反る。呼吸をを1〜2回繰り返す。
  2. 手を頭の後ろにあてて背中を丸め、息を吐く。呼吸を1〜2回繰り返す。

1の動作でお腹を伸ばし、2の動作で背中を伸ばします。椅子に座ったままでも簡単に出来るストレッチです。体の芯の緊張をほぐし、短時間でのリフレッシュに効果的です。

立って行うことも出来ます。前後左右のモノに当たらないように気をつけながら、腕を大きく伸ばすのがオススメ。反動をつけると腰を痛めることがあるので、ゆっくり静かに行いましょう。

股割りは究極のストレッチ!

股割りとは開脚前屈のこと。脚を前後・左右に開ききるストレッチです。

相撲やテコンドー、ダンスやバレエ、フィギュアスケート、体操選手も必ず行う究極のストレッチです。股関節を柔軟にすることで、ケガを予防する効果があります。特に、相撲の力士は股割りが出来てはじめて一人前と言われます。

いきなり股割りを行うと危険が大きいので、かならず全身や太もものストレッチを行った後で股割りをはじめて下さいね。

  1. 脚を前に投げ出して座り脚を無理なく開く。背筋を伸ばし、骨盤を立てるよう意識する。
  2. 右足のつま先に手を伸ばす感じで上体を倒す。左足は内側に曲げる。
  3. 左足も同様に行う。
  4. 両足を無理なく開き、体を前に出来るだけ倒す。

力士でもしっかり股割りが出来るようになるまでは数年かかるもの。まずは片足ずつ、股関節を伸ばし、開く感覚をつかみましょう。左右どちらかに倒しづらい方向あるときは、股関節と骨盤のバランスが偏っている証拠です。少しずつストレッチを続けることで解消できます。

股関節が柔軟になると、骨盤の動きもスムーズになり、生理不順や便秘、姿勢の悪さの改善にも役立ちます。

骨盤のストレッチをダイエットに活かしたいという人は…骨盤矯正で即効ダイエットのサイトも参考になります。

関連ページ

肩こり解消に上半身のストレッチ
腕、脇、肩甲骨に加え、目の疲れに効くストレッチまで、具体的なやり方を紹介しています。
ふくらはぎと足首
第二の心臓とも言われるふくらはぎのストレッチは、足の冷えとむくみの解消に役立ちます。足首とセットで行うとより効果的です。
筋肉太りを解消する
バランスの悪い筋肉の付け方をしてしまうと、筋肉太りの原因になってしまいます。呼吸しながらゆっくりストレッチして解消する方法を紹介。
リラックスできる朝晩のストレッチ
身体の力を抜き緊張を解したいときなどにもストレッチは効果的。夜寝る前に行うと、ぐっすり眠ることができますし、朝の目覚めとともに行うと、スッキリ爽快な気分で1日を過ごせます。